2010年3月アーカイブ

KD189_72Amarrige.jpg先日、某テレビ局の番組の中で最近、いろんな事で決められない男子が多いみたい?という事で

男性に街頭インタビューをしていました。

『決められない事がありますか?』
あるといった方に対して『どんな時に』~
アンケートの結果:
1・洋服
2・デートの行き先
3・めんどうくさい(自信がない)
  女性が心配したらいやだ・・・とか相手が満足するかなぁ(深読みしすぎ)

また、女性にインタビュー男性に対してイライラする時はどんな時ですか?
*デートの時の行き先が決まらない。
*レストランで食べるものが決まらない。
*仕事の事はなす。
いずれも女性の"どうする?に男性が"どうする?"
とオーム返しばかり・・・

インタビューでは女性の
*男だからきめろよ!
*はきはきしてよ!
*優柔不断ではなく、男らしくバシバシ決めてほしい。
*ここ一番で決める時には決める。

結果、今女性は頼れる男性を求めています。みたいな・・・

見終わっての感想:
お互いにコミュニケーションが足りないだけ・・・なのでは?

脳科学者 茂木 健一郎著 『感動する脳』の本を読み終わった。

本の中で、『感動』は脳を進化させる。何歳になっても脳は限界は無いとのこと

しかし、残念な事に、どこまでいけるかというと・・・・

限界を見ないうちに寿命を迎えてしまう運命にあるそうだとか・・・

また、『若さ』とは、変化するということだとか。      

panjy.jpg変化したいと思ってる事は・・・若いんだ~  

(納得して喜んでいる自分がいる)単純です。

年を重ねてきているからでしょうか?

単純に感動を素直に言語化・身体で表現するできるようになってきた。

我が家のベランダで咲いているパンジーとゼラニュームがお日様を浴びて・・・

喜んでいるように感じて、『気持ちいいね』と声をかけた。

そして、嬉しくなり『パチリ』とシャッターを切った。

さらに、本の中では感動とは未知なるものとの出会いから生まれる。

なるほど・・・

深く感動した事は脳に保存され・・・

今ここで、そのときの事を思い出すだけで

感動した時の映像・音・感情・感覚(におい・味)を瞬時に思い出し

その時の気分に浸ることが出来る。

 

NLPのスキル(無意識に働きかける事で感動して、カウンセリングでも必要な時に

クライエントさんに提案していた。クライエントさんの目からうろこ状態を目の当たりにしてきていた。)

茂木氏は脳科学者として感動する脳をわかり易く説明されている。

 

ところで、相手に期待しすぎると・・・

結果を求めてしまうのではないだろうか?

自分の思ったようにならなかった場合には、落ち込んだり相手を責めたり・・・

喜べない時もあるのでは?

感動とは期待しない事かな?

そういえば・・・最近、期待しない事が多くなったみたいだ。

むしろ、出来事に感動している。

『今ここ』を大切にしているからなのか?

本を読みながら・・・感動したところだけをピックアップしているのかも?

まぁいいか~

読んでたくさん感動できる本でした。(笑)

青柳 たみえ

プロフィール:
NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会臨床会員
 認定 臨床心理療法士
 認定 臨床心理カウンセラー
 認定 フラワーサイコセラピスト

サンタフェNLP発達心理学協会
 認定 プロテクショナートレーニング終了
 認定 マスター1トレーニング終了

BCBプログラム
 認定 ファシリテーター

【婚活カウンセラー 青柳たみゑのオフシャルブログ】(2010年10月から始めました) http://ameblo.jp/bridal-aoitori/

青い鳥カウンセリングルーム(心理カウンセリング)
http://www.aoitori-room.com/

青い鳥カウンセリングルーム(コーチング+心理カウンセリング)
http://www.aoitori-th.com/

青い鳥相談室(結婚相談所)
http://www.aoitori-bh.com/

カテゴリ

BCBブログメンバー一覧は、http://www.bcb.jp/facili/bloglist-main.html
へ。

最近のコメント

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

サインイン